半日断食のつらい空腹を乗り切る方法!続けるための5つのコツ

未分類

半日断食中の空腹がつらくて…」

「耐えられなくて何か食べてしまいます」

「どうやって空腹を我慢していますか?」

半日断食を始めたばかりの人や挑戦したけど失敗してしまったという人からこのような質問を頂くことがあります。

結論から言うと「慣れ」です。

しろなな
しろなな

(すいません…)
その「慣れる」までがキツイんですよね・・・

半日断食中の空腹時間がツライ

半日断食中の空腹時間を耐える方法が知りたい

そんなあなたに空腹時間を乗り切るコツをお教えします!

スポンサーリンク

半日断食とは?

半日断食とは、半日(12~16時間) 食べないという食事法です

「現代人は食べすぎである。」

少食や断食を推奨する本も最近は増えてきました。


私も色々な本を読んで「断食」や「半日断食」、「一日2食」「一日1食」という食生活に興味を持ち「半日断食」を実践しています。


一日3食という食事は現代では定着していますが

その食生活では
食事をとり、消化・吸収が完全に終わる前に次の食事が始まります。


そういう食生活だと体は消化・吸収のために働き続けています。


私たち人間と同じで

休みなく働くと体や胃腸も疲れてしまいます。

私は、体や胃腸の休息を目的として「半日断食」を取り入れています。


半日断食は、半日(12~16時間)固形物を取らないという食事法ですが

新しい細胞に生まれ変わるオートファジーが活性化するのが16時間と言われているので

16時間の空腹時間を作ることをおすすめしています。

空腹は体にいいこと

しろなな
しろなな

お腹が鳴るのは胃が活発に動いている証拠です。
恥ずかしいことではありません!
ガンガン鳴らしちゃおう!

お腹が空いたときに「グー」と音が鳴ります。

胃が強く収縮し、空気や液体などの胃の内容物が腸へと流れていく 『空腹期収縮』というのが起こるからお腹が鳴ります。

お腹が鳴るのは胃が活発に動いていて、次の食事のために準備をしています。

お腹が鳴ってから食事をとることが胃腸に良いとされています。

しかし、お腹が鳴る前に次の食事が始まる。

間食をしていて常に胃に何かが入っている状態などお腹が鳴るという状況が少なくなっていませんか?

しろなな
しろなな

胃の内容物が腸へしっかり流れて「掃除がちゃんと終わったよ!」という状態で次の食事を受け入れることが大事です。

半日断食のやり方は?

半日断食は、半日(12~16時間)食べないという食事法です。

しかし、1日3食という食生活ではこんなに長く食事と食事の間は空いていない人が多いでしょう。

1日3食の例

07:00 朝食
↓5時間後
12:00 昼食

↓7時間後
19:00 夕食

↓11時間後
07:00 朝食


間の時間は大体5~6時間。

間食もすると空腹時間はほとんどありません。

最後に食事を取って翌朝の朝食まで何も食べなかったとしても12~16時間の空腹時間を取れていない人がほとんどだと思います。

半日断食を実践する場合は、基本的に朝食を抜きます。

半日断食の例

19:00 夕食
↓17時間後
12:00 昼食
↓7時間後
19:00 夕食


朝食を抜くやり方をすれば16時間の空腹時間を作ることができます。

空腹を耐える5つのコツ

睡眠時間を組み込む

「16時間も食べないなんて無理!」と思っていませんか?

16時間のうち8時間は睡眠の時間にしてしまえば、我慢するのは半分の8時間だけです。

夕食→睡眠→朝食抜き→昼食のスケジュールで行うのが一般的です。

そう考えれば出来そう!と思えませんか?

水や炭酸水を飲む

空腹を感じたら水や炭酸水を飲んで紛らわせましょう。

1食分の食事をとらないことになるので食事から得られる水分が減ります。

断食時間中は意識して水分を取るようにしましょう!

具なしの味噌汁

「水や炭酸水でも空腹がキツイ。」

「耐えられない。」

そんな人は具なしの味噌汁がオススメです。

味噌汁は味も濃いのでかなり空腹が紛れます。

また、味噌には大豆たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれており健康効果の高い食品です。

素焼きのナッツ

「空腹」こそ最強のクスリという本では素焼きのナッツであれば食べてもいいと言っています。

ナッツにはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富でさらに低糖質で、良質な脂肪が含まれています。

少量でも空腹感が紛れます。

どうしても空腹が耐えられない!なにか食べたい!という時は素焼きのナッツで乗り切りましょう!

完璧主義をやめる

16時間の空腹時間のある半日断食がより効果が高いとされていますが12~16時間の空腹時間が取れれば良いと私は考えます。

仕事や予定があったり毎日同じスケジュールで生活が出来るわけではありません。

16時間の断食が出来ない日が増えてくるとモチベーションも下がってしまいます。

自分の生活スタイルでは半日断食は無理だ。とあきらめる人もいるでしょう。

ダイエットや健康法は続けないと意味がありません。

ですので、私は12~16時間の断食が出来ればいいと考えています。

この範囲ならOKというように許容範囲を広げて続けていく事が大事です。

空腹が我慢できなくて食べてしまっても12時間の断食が出来ればその日はOK!というように前向きに完璧主義にならずにやってみましょう!

まとめ

半日断食を始めて数日はかなりキツイです。

お腹が空いて力がでない。

体調が悪い。

だるくてやる気がでない。

そうなると、仕事など日常生活に支障が出るので無理に行わないようにして下さい。

まずは12時間からスタートして13時間、14時間と徐々に時間をのばしていきましょう。

絶対に食べたらだめ!というわけではありません。

具なしの味噌汁や固形物でも素焼きのナッツならOKです!

空腹に耐えられないか不安に思っていて半日断食を始められないあなた。

今回紹介した方法を試して半日断食を始めてみてはいかがでしょうか。

この空腹を耐える方法はダイエットで食事コントロールしている人にも使える方法ですのでぜひお試しくださいね。

参考書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました